• 代表取締役 藤原大督

リングのサイズ直しの方法

リングのサイズ直しの手順

リングのサイズ直しの一般的な手順をご紹介します。


1. サイズ測定

まずはリングをサイズ棒にはめてサイズを測定。

次に着けたい指のサイズをリングゲージで測ります。

2. 切り取り

糸のこでリングを切断。 小さくしたい場合は必要な分だけを切り取ります。

大きくしたい場合は必要な分だけ地金を足します。


3. 溶接

切断面をつなげ合わせます。 切断面に接合のためのロウを置き、バーナーでリングに熱を加えます。

こうして、リングの切断面を溶接(ロウ付け)します。


4. 仕上げ  最初の頃のようにピカピカに綺麗になります

溶接面に残ったロウを除去。 仕上げに全体をリューターで研磨して、最後の仕上げにバフがけをします。


素材やデザインによっては直せない場合もあります。

硬い素材や、大幅なサイズ直しの場合、ヒビが入る可能性がありサイズ直しをお断りすることがあります。



閲覧数:0回0件のコメント