• 代表取締役 藤原大督

レアメタルの結婚指輪とは|札幌で金属アレルギーフリーの指輪


最近お客様に尋ねられるのが、金属アレルギーの方向けの結婚指輪。


プラチナやゴールドも純度100%であれば、金属アレルギーの心配は少ないのですが、

100%のものは基本的に柔らかいため製造しているメーカーは極わずか。

当店ではパイロット社のパイロットブライダル、ロル、ピトー、サムシングブルーのセントピュールが変形強度も強くアレルギーフリー素材です。

※プラチナ純度999%、ピトーはプラチナ50%ゴールド50%

レアメタルのチタン・ジルコン・タンタルはどうですかと訊かれます。

レアメタルとは レアメタル=高価な金属ではありません

※貴金属ではパラジウム・プラチナはレアメタルですが、金、銀はレアメタルではない。


レアメタルの定義

レアメタルは、地殻中の存在量が比較的少ないか、採掘と精錬のコストが高いなどの理由で流通・使用量が少ない非鉄金属。

一般的に以下の元素

リチウム・ベリリウム・ホウ素・チタン・バナジウム・クロム・マンガン・コバルト・

ニッケル・ガリウム・ゲルマニウム・セレン・ルビジウム・ストロンチウム・ジルコニウム・ニオブ・モリブデン・パラジウム・インジウム・アンチモン・テルル・セシウム・バリウム・ハフニウム・タンタル・タングステン・レニウム・白金・タリウム・ビスマス

このうち、例えばチタンは地中埋蔵量は多いのですが、高純度のチタンを精錬するのは困難で、その技術コストが非常に高額になるため、“稀少な”金属となっています。


最近では、金属アレルギー対応の素材として、

ジルコニウム/タンタル/チタンがペアリングや結婚指輪の素材として使われていますが

加工が困難で製造コストは掛かるが、金属としての価格は1g=1円もしない素材。


最も多いレアメタルはチタンであり、最も少ないレアメタルは白金、パラジウム、レニウム、テルルである。※金・銀はレアメタルに含まれない

値段が最も高いのは、1g単価 パラジウム8,000円前後、白金4,000円。セシウム5,000円。金は8,000円、銀100円。最も安価なのはジルコニウム0.1円、チタン0.7円、タンタル14円

2022年6月現在

つまり貴金属であるプラチナ・パラジウムを除くと、レアメタルの金属としての価値は高くありません。

また、プラチナとゴールドは永遠の輝きとよばれる、貴金属であります。

塩酸や硝酸などの強酸に強い耐性があります。




閲覧数:2回0件のコメント