top of page

結婚指輪の選び方|プラチナorゴールド|マテリアルの性質の違いを知る



結婚指輪の選び方

結婚指輪は2人の愛を誓い生涯身に着けるもの

最近では、女性の方でも初めての指輪という方が

多いため、選び方がわからず

デザインやブランドだけで選びがち

直感に頼るのではなく、

年月を経ても変化のない素材の性質や

損傷の少ない製法の違いを学んだうえで

品質を見極めることが大切

この選び方のヒントで、2人にぴったりの

結婚指輪が見つかりますように


素材プラチナ・ゴールドの違いを知る

日本では結婚指輪といえばプラチナが一般的

最近はゴールド素材を選ぶ方々も増えています


プラチナの特徴

銀色の永遠に変色をしない元素

純度 999%・950%・900%

基本的に純度が高いため

金属アレルギーの心配が少ないのも人気の理由

割金にはパラジウム・イリジウム・ルテニウム

安価に仕上げるため銀・銅を混ぜているメーカーも





ゴールドの特徴

金色の永遠に変色しない元素

純度を下げて割金に

銀・銅・パラジウムなどを配合することで

イエロー・ピンク・ホワイトにする事が可能​

一般的に日本ではK24(純度99,99%)は

柔らかいためジュエリーを作成することはなく

K18(純度75%)で作成

プラチナと比べると純度が低いことや

割金に固い元素の銅を使用するため硬度が高くなります

銅は比較的アレルギーを起こしやすい金属のため

金属アレルギーの心配がある方はプラチナがお勧め

閲覧数:7回0件のコメント

Kommentare


bottom of page