• 代表取締役 藤原大督

鍛造製法と鋳造製法の違いについて

鍛造と鋳造、それぞれどう違うの?

鍛造(たんぞう)と鋳造(ちゅうぞう)ではどのような違い

それぞれのメリット・デメリット


鍛造は日本刀と同じように地金を叩いて成形する製法

「鍛造」で作られた指輪は、金属内部に“ス”空洞が出来ないことから、

「丈夫で傷つきづらい」指輪(強度や硬度は約2倍以上)

一点一点お造りするため、製造に時間とコストがかかります。


鋳造は鋳型に金属を流し込み大量生産する製法

「鋳造」で作る指輪は、金属を型に流して製作する方法です。

繊細なデザインのリングを作れますが、比較的柔らかいです。

安いコストで大量生産ができます

デメリットとして、「変形や傷がつきやすい」指輪になります。


結婚指輪は一生モノの指輪になので、美しい状態を保つために鍛造の指輪がおすすめ。

ヴァンクールマキで取り扱う鍛造製法の結婚指輪は一流メーカーが製作しており、

一部のデザインでウェーブやV字も製作

鋳造製法の指輪でもハードプラチナといって、割金にパラジウムではなく、イリジウムやルテニウムを使用して強度を高めたブランドもあります。


ヴァンクールマキの鍛造製法で人気No1ブライダルリング

Pilot Bridal(パイロットブライダル)

鍛造(たんぞう)は素材にローラーで圧力をかけ、金属の密度を高める製作法です。

金属が鍛えられ硬度が増し、変形に強く耐久性のあるリングができ上がります。

硬度が増すぶん加工が難しくなり、細かな加飾やデザイン性のある形状は難しくなります。


パイロットブライダルの指輪は鍛造、かつ素材自体の硬度もあるプラチナで作られています。金属をドーナツ型に抜き曲げ起こすことで継ぎ目のないリングとなるため、

結婚指輪として縁起も良いとされています。

鍛造リングのデザインは直線系が多く、サイズ変更が難しいため、

サイズを直したときに新しい新品の品とサイズ交換になることも。


※鍛造製法でもサイズ直しが可能なブランドがあります

鋳造はサイズ直し可能で、カーブなど自由なデザインを楽しめます。


ヴァンクールマキの指輪は鍛造製法が7割ですが、

デザイン性に優れており、幅広い価格を取り揃えております。

プラチナ・イエローゴールド・ピンクゴールドが選べ、

表面加工なら鏡面仕上げ・マット仕上げと選べるブランドも。

ピトーは リングの幅や、ダイヤモンドの有無など多彩なアレンジが可能。

ご予算とお好みのデザインで選べます。




0回の閲覧