• 代表取締役 藤原大督

結婚指輪


感動した結婚指輪のエピソード

結婚指輪

長い間独身で婚活していた頃の私は結婚指輪にとても憧れていた。

既婚の友人、同僚に対してはもちろん、電車での見知らぬ女性の指輪姿にさえも

「いいなぁー♡」と羨んでいた。

婚活がなかなか実らない私の眼には、結婚指輪が「結婚しましたの冠」のように映っていた。

そんな自分が、幸いにも夫と入籍に至り、注文した結婚指輪が出来上がってお店から受け取った日、

夫が「パパパパーン」と柄にもなく結婚行進曲のメロディーを密やかに口ずさみながら薬指に指輪をはめてくれた。私は大喜びをして、私も夫の薬指へと指輪をはめた。

結婚指輪をした夫を客観的に見たら男の色気が10割増しになっていて、さらに惚れるスパイラルへ陥っていたと同時に、夫はもう誰かのものみたいに無意識に錯覚して傷ついた。

この漠然とした結婚指輪に対する憧れや思いを抱くようになったきっかけを私は忘れていた。

結婚指輪をつけ始めた当初の私はというと、通勤電車の中ですら「私、結婚しました」

という浮かれた気持ちがあったけど、それも3日くらいで終了。

それよりも指輪をしたら、どんなに夫が遠くにいる日でも、淋しさが和らぐことを知った。

指輪は単なる貴金属ではなく、飾りの意味だけでするものではないことに気がついた。

そして、私はこの時、はるか昔の記憶が鮮明に蘇った。

それは、私が看護師になったばかりの頃のこと。ある80代半ばの男性が外科に入院していた。

彼は白髪でそれなりにヨボヨボしていたが、目はパチクリしていて愛らしい人だった。

夜勤での巡視中、彼が「うがいしよう、でもコップない」と言って、私がナースステーションから借りてこようとしたら、「いや、いい、手でやる」と笑って、両手をコップ代わりにうがいをした。

その時、蛇口に伸ばす彼の左手薬指に指輪が光っているのが見え、私はとても驚いた。

私の田舎では指輪しているおじいさんなんて誰もいなかったから、父親世代でもそうそういない。

「さすが都会の高齢者だなー!!オシャレー!」と思ったけど、後にその男性のカルテを見て奥さんは既に亡くなっていることを知った。

都会の人だからとかお洒落とか、そんな理由だけで指輪をしている訳ではないんだ。

もう2度と会えない人といつまでも繋がっているんだ。

別にその人からそんな風に聞いたわけでも何でもないのに、私は勝手に切なくなった。

あの当時、私はまだ22歳で結婚なんて微塵も意識していなかったから、

その男性の指輪を見て「私もいつか」なんて考えにさえ至らなかったはずなのに。

自分が人生の伴侶を得た今、こんな風に思い出すというのは、当時まだ人生の深さを知らなかった私が胸打たれたからなのかもしれない。

私は夫より5歳年下だけど、何となく自分の方が先に亡くなるような気がしていて、そうなった時に夫が指輪をつけ続けてくれるかは分からないけど、夫にはかつて結婚指輪をつけたあの日の、まだ多少は若々しかった私がとても喜んだことと、私が夫をいつまでも変わらず好きだったことを、暇な時にでもいいから思い出してほしいと思う。