メタルセレクト系

2人の希望が叶う指輪コレクション

​プラチナとゴールドのセレクトが可能

彼はプラチナ・彼女はゴールド

金は様々な地域から産出されるため

古代から世界的なジュエリーの定番素材

永遠の輝きを持つ金属として不動の人気。

​ゴールド結婚指輪

ゴールドとプラチナどっちがいいの?

後悔しないリングの素材選びのために、

ゴールドの特徴と魅力を紹介。

純金=K24=100%金 永遠の輝き

K18=18/24=75%金 残り25%に銀と銅

K10=10/24=42%金 残り58%に銀と銅

純度を下げることのメリット

純金は柔らかいため純度を下げて硬くします

純度を下げることのデメリット

銀の硫化や銅の酸化により変色があります

*ジュエリークロスやイオンクリーニングで容易に元に戻ります

K10よりK18がお勧め

K18=18/24=金75%

K10=10/24=金41.6%

K10は銅の含有量が多い分

金属アレルギーがでる可能性が高くなります

末永く愛用する結婚指輪はK18がお勧め

イエローゴールド

銀と銅の成分比率 約12.5%と12.5%の比率

ホワイトゴールド 銀とパラジウム

ピンクゴールド 銅が多め