• 代表取締役 藤原大督

Ptauピトー|スポーツマン|タフネスリング|セミオーダー|結婚指輪|ペアリング|札幌


激しいスポーツの時は大事な結婚指輪の変形しないように外さないといけない。

けど、ピトーなら外さなくても大丈夫なくらい丈夫!

スポーツマンにお勧めしたい指輪「ピトー」

ピトーは万年筆・文房具メーカー「パイロット」の製作する指輪


Ptauってどんな素材?

純金と純プラチナが1:1の割合で融合

貴金属100%のハイブリッド・マテリアル「Ptau」

比類ない硬度を誇るパイロットオリジナルの宝飾品専用素材


Pt+Au=Ptau

Ptauの名前の由来

プラチナの元素記号は「Pt」、金は「Au」

「Pt」と「Au」の合金だから「Ptau」なのです


① 純プラチナ(Pt999)と純金(K24)を1:1の量で混ぜ合わせインゴットを作る


インゴットを作るのも簡単じゃない!

プラチナと金の固まる温度に差があるため、

あらゆる溶解条件が揃わなければ素材の品質が安定しないPtau。

インゴットにするにも巧みな職人の業が必要


② インゴットに熱を加えては冷やし、圧延することを何度も繰り返し硬度を上げます。


高温処理と低温処理を繰り返す「温度」が硬度をあげる重要なポイント!

鍛造製法によりさらに硬度が増しますが、それだけではPtauは完成しません。

何度も失敗を繰り返し、析出硬化(※)を実現させる「神の法則」を見出したのです。

(特許も取得!)

(※)析出硬化とは?

ある温度からの低温処理により微細粒子が出てきて結晶格子を歪ませて硬くなる現象


ふたつの素材を溶かし合わせるところから析出硬化で硬度をあげ、

Ptau素材を完成させるまで丸1日以上!

高温→低温→圧延を繰り返し、手間をかけてやっと「Ptau」が誕生するのです


鍛造製法により、さらに高硬度へ

インゴット(のべ棒)をローラーで圧力をかけながら

何回も圧延し圧縮させます。

圧力により金属の密度を高めて硬度を上げる

「鍛造製法」によって素材を硬く強くします。


型に流し込み作る「鋳造製法」の指輪に比べ

約3倍の変形強度があります。


さらに、ドーナツ型に抜き出したベースを曲げ起こし

継ぎ目(切れ目)のないリングを作る「シームレス製法」を採用。

継ぎ目(切れ目)のない指輪は縁起がいいとされ、結婚指輪には最適です。


こんなにこだわっているのに

セミオーダーでカスタマイズ出来ます


デザイン・幅・ダイヤデザイン・ダイヤの大きさ・内面誕生石まで

お好みで選べるマリッジリング「Ptau」。

おふたりにぴったりのマリッジリングがきっと見つかります。


硬くて丈夫で優しい着け心地のリング内面は内甲丸

内甲丸とは、着け心地をよくするためにリングの内側の角をとり、丸く仕上げる加工

通常、日付やイニシャルなどの刻印を入れやすくするため、

リング内面を平らな面にして加工して作られます。

永く身に着けるマリッジリングだからこそ、

なめらかな指あたりとフィット感にこだわり


閲覧数:14回0件のコメント